司法書士法人オネスト 押田健児の備忘録

平成21年10月独立開業、平成24年10月法人化しました司法書士のブログです。東京都千代田区(神保町、小川町、淡路町、御茶ノ水、竹橋)で司法書士やってます。

自分の知識の整理・蓄積を主な目的とし、日々の出来事や雑感もたまに書いてみたいなと思っています!

「動産・債権担保融資(Asset-based Lending:ABL)普及のためのモデル契約等の作成と制度的課題等の調査」報告書/経産省

昨年公表のものですが、月刊登記情報634号(2014.9)でモデル契約書を引用した解説もありましたので、参考用にここにもメモ。

【PDF】

平成24年度産業金融システムの構築及び整備調査委託事業
「動産・債権担保融資(Asset-based Lending:ABL)普及のためのモデル契約等の作成と制度的課題等の調査」報告書
平成25年2月 株式会社三菱総合研究所


【判例】最判H26.9.5日本放送協会の受信料債権の消滅時効は5年

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=84446


◎要旨
「日本放送協会の放送の受信についての契約に基づく受信料債権の消滅時効期間は,民法169条により5年と解すべきである」


「民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案」(平成26年8月26日決定)/法務省

「民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案」(平成26年8月26日決定)/法務省

民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案【PDF】

会社法、民法など法改正に伴い学ぶことも多いですが、楽しんで取り組みたいと思います!

森林の相続時届け出、周知が課題 法改正で義務化/日本経済新聞20140902

森林の相続時届け出、周知が課題 法改正で義務化/日本経済新聞20140902

少し前の記事ですが、森林を相続した場合には、その森林のある市町村に届け出る義務があることについて、なかなか周知されていないようです。
タイトルだけ見るとこれから義務化されるようにも読めるかもしれませんが、平成24年4月から義務化されています。

森林所有者の20人に1人の所在が掴めない状況であるとする国交省の調査結果もありました。

都会に暮らす子どもが実家の山林を相続で取得したもののそのまま放置、ということも多いのではないでしょうか。

森林のほか、農地を相続した方も届け出が必要なのですが、こちらもご存じない方が多いです。
相続の相談を受けた我々のような専門家も、制度の説明をするなど注意喚起を行う努力が必要であると思います。

(参考)

森林の土地の所有者届出制度について/林野庁
所有者が分からない土地を増大させないための取組/国交省

司法書士法人オネスト 司法書士 押田健児
TEL:03-5283-6664 FAX:03-5283-6665
101-0054
東京都千代田区神田錦町三丁目6番地7 錦町スクウェアビル2
HP: http://www.sh-honest.jp
※お問い合わせはこちらから

法務省☆キャラ☆グランプリ~初代H-1王者を決めるのはキミだ!~投票結果発表/法務省

法務省☆キャラ☆グランプリ~初代H-1王者を決めるのはキミだ!~投票結果発表/法務省


子ども霞が関見学デーにて、こんな投票が行われていたとは知りませんでした。
そして、故やなせたかしさんの「人KENじんけんまもる君・あゆみちゃん」以外はほぼ見たこともないような気がします。
どこで見たのか忘れましたが、福岡高等検察庁のサイバンインコは見覚えがあるような。

見覚えあるのありますか?


livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ