普通の株式会社の発起設立でのお話ですが、法務局から『発起人の氏名(漢字名)と通帳の口座名義人の表記(カタカナ名)が同一人物であることがわかる資料を提出せよ』という連絡が先日ありまして。

発起人の方のお名前の漢字は、確かに読み仮名を聞かないとわからないようなものでした(名字は普通)。
出資金の払込みがあったことの証明書の一部として発起人名義の預金口座の通帳コピーを添付するのですけど、通帳の口座名義人はカタカナで記載があるわけです。

で、法務局から上記の連絡があったようです(事務所の者が受けたので直接話してない)。
こんなこと言われたの初めてだったものでそんなものあるのかなぁと思いましたが、事務所の者が漢字辞典を引くと名前での用例の中に記載があったそうで、とりあえずそれをFAXしておいてくれました。
特に連絡もなく、そのまま登記手続が完了。

余談
先月の長男の中学校入学式で全生徒の名前を読み上げるのを名簿を見ながら聞いていたのですが、読めない名前がとても多かったことをふと思い出しました。